忍者ブログ
2019 11
≪ 2019 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



青子「ええっ? お話の続き、どうなっちゃったの??」

快斗「俺に聞くなよっ!?
    どうせ書いてるやつがそれどころじゃなくなったんじゃないか?」

青子「『それどころ』ってどんなとこ??」

快斗「(何だそりゃ?)…つまり、『ここ』のことだよ!
    行き当たりばったりなヤツだからな…、筆者が。
    どうせ、今回の展開も“勢い”だろ、勢い★」

青子「えーーー!! 
   じゃあ、青子が頑張ってる江古田高校のビッグイベント、
   どうなっちゃうの??」

快斗「次の長い休みまで、…期待しないほうがよさそうだな。」

青子「えっ?! それって、“春や…。」

快斗「…、覚悟しといた方がいいぞ。 恵子にも、そう言っとけっ!!」

青子「いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ★」

紅子「・・・っ、中森さん。 もう少し声のボリューム、落としてくださる?
   こんな朝っぱらから…。 まだHRも始まっていないのよ。 
   あなたの高い声が頭に響いて…」

青子「キャッ★ ごっ、ごめんなさいっ!!」

快斗「紅子、お前
    今月の席は青子の隣りか??
    クククッ☆
    それはそれは、新年早々めでたいな(笑)。
    まあ、この際だから
    青子のテンションにとことん付き合ってやれよっ…!!」

紅子「あらっ? 黒羽くんこそ、大当たりじゃない。
    ほらっ、あなたの隣り…」

快斗「…っげ! 白馬?!」

紅子「これは、授業中ずっと
    彼があなたに熱い視線を送り続けること間違いなしねっ♪」

青子「え゛っ?! 白馬君って、そういう趣味があるの?! 
   男の子が男の子に熱い視線だなんて…。 ゾッ…」

快斗「何言ってるんだよ!
    一番ゾッとするのは、この俺だぜ?!
    この分だと、
    折角の窓際なのに、一日中、背筋が凍っていそうな予感…。」

『ガラガラガラ…☆』

白馬「おはようございます。皆さんお揃いで…。」

青子「おっ、おはよう・・・、白馬君・・・。」

白馬「あれ? 中森さん、どうかしたんですか?
    顔色が悪いですよ?」

青子「うっ、ううん! なっ、何でもないよ★ 大丈夫っ!!」

白馬「気のせいだろうか、中森さんの視線がやけに冷たいような…。
    それに、この“距離感”は、一体・・・??
   黒羽君、何か知っていますか?」

快斗「おおっ、俺は何にも…!!
    なあ、紅子?」

紅子「フフッ、ええ。 
    今年こそ、あなたの本願が成し遂げられることを祈っているわ・・・。」

♪『キーン・コーン・カーン・コーン…☆』

紅子「…さあ、時を告げる鐘の音よ。
    それぞれが歩む先に、
    胸を高鳴らせてくれるような
    至上の祝福をもたらしたまえ・・・。」
    

♪『キーン・コーン・カーン・コーン…☆』



PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
東山
性別:
非公開
自己紹介:
海月くらげさんにプレゼントしていただいたイラストです。
「リコーダーで音を外す学ラン新一」
ぼくのキャラにぴったりです(笑)。
ありがとうございます!!