忍者ブログ
2019 10
≪ 2019 09 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





勉強大キライの僕らしくないのですが、
昨日、美術館に行ってきました(笑)。

古川美術館と言うところです。

そこでは今、
女性画家 ~日本画にみる美の開花~
という特別展が開かれていました。

戦前、女の人が画家として絵を描くことが難しかったそうですが、
その中で頑張った方々の作品が集められていたそうです。

近代の女性画家というと、
上村松園(うえむらしょうえん)さん、
池田蕉園(いけだしょうえん)さん、
島成園(しませいえん)さん
の3人の方が有名なのだそうです。

上村さんは京都
池田さんは東京
島さんは大阪出身ということで、
この三人の方は『三都三園』と呼ばれたとのこと。

美しい柄の着物を着た舞妓さんのような白塗りの女性が
絵のモチーフにされていました。

僕はやっぱり
分かりやすい写実的なものが好きみたいで、
この三人の方で言うと、やはり一番新しい
島成園さんの絵が好きかなぁ?

大正期に描かれた『影絵』という作品は、
皆さんに人気の作品だそうですが、
僕もとっても好きになりました。

両手できつね(イヌかも?)の形を作り、
壁にその影を作って遊ぶ絵。

着物が桜色で
白い絞りの模様が細かく入り、
楓の葉っぱの模様がいくつかちりばめられています。

僕の好きなのは「顔」と「手」。

女性の美しい顔のラインが
ドキッとするほど本物の人間のように描かれていて
綺麗なのです。

また、手も、
女性独特のふっくらとした柔らかい感じが
よく出ていると思いました。

でも、こんなに写実的に描かれている絵なのに
その女の人の「目」は
少し違う。

視線を下に落とす半開きの目は、
瞳の丸いラインがはっきりとは描かれず
まるで影を抱くようなのです。

それがなんだか怖いです。

まるで本物の生きている女の人が
そこにいるようなのに、
その中にいる人の表情は
この世の人ではない。

僕には踏み込めない「むこう」にいる、
悲しみを抱えた雰囲気を感じます。
PR


上村松園の絵は私も大好きで、京都に来ると、出来るだけ見に行きます。

花がたみ(1915年)という精神を病んだ女の人を書いた作品が、心にのこってます。松園は、この絵を描くために、岩倉にある精神病院に出かけたそうです。

ではでは~
こんばんは!
コメントどうもありがとうございます☆

僕が見に行った美術館は
あまり大きいところではなかったので、
他のの作品も展示してある関係上、
上村松園さんの絵は2,3枚しかありませんでした。
松園さんの「花がたみ」という作品、
ぜひ見てみたいと感じました(^0^)/
ご紹介、ありがとうございました♪
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
東山
性別:
非公開
自己紹介:
海月くらげさんにプレゼントしていただいたイラストです。
「リコーダーで音を外す学ラン新一」
ぼくのキャラにぴったりです(笑)。
ありがとうございます!!