忍者ブログ
2019 11
≪ 2019 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



神出鬼没の大怪盗、
ついに夢の中にもご登場???!

いや、「夢で見た」ような気がしているだけなのかもしれない。

ただ、「声」は
“彼”だったような気がする。

しかし、彼のテーマカラーともいうべき「白」のイメージは全く残っていない。
高層ビルが立ち並ぶ中心街にもかかわらず、
薄暗く感じられるほどの深夜に
彼の声と不敵な笑みを見た…、気がする。
服の色は、・・・黒っぽかったような気がする(爆笑)。

どんなストーリーだったのかは
全く覚えていない(^-^;)

しかし、彼と僕との間の空気は
決して「狎れあい」から来る緩いものではなく、
敵対する者同士がにらみ合う
凍てつく緊張感にも似た、
張り詰めた感じがしたような・・・。

実は、それも言い過ぎ(笑)。

こちらから何かを言うことはないけれど
彼から強い態度で話しかけられていたような
断片的な記憶だけがあります。

黒い彼が、いったい僕に何を伝えようとしていたのか・・・。

黒???

今思えば、学ランだったのか??

いや、彼は黒いマントというかコートというか
ヒラヒラしたものを纏っていたように思える。

そう、首切り鎌がとっても似合う、あの装いです。

僕にとって、彼が〇神だとしたら、
僕はそれはそれで
本望だろう。

淡い月影に照らされた
彼の微笑みが見られたのなら・・・


▼記憶、捏造…?!▼

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
東山
性別:
非公開
自己紹介:
海月くらげさんにプレゼントしていただいたイラストです。
「リコーダーで音を外す学ラン新一」
ぼくのキャラにぴったりです(笑)。
ありがとうございます!!